オリジナルTシャツ

自分用のオリジナルTシャツが欲しい、作りたいと思うなら、今ではインターネット経由で簡単にできるようになりました。便利になりすぎてデザインの方法も様々で迷ってしまいます。写真をそのままプリントしたい時は、画像アップロードのみでどの業者に注文しても大丈夫です。専用のソフトなどの知識は必要ありません。画像のデザインで注意したい点は、解像度の低い画像はプリントすると粗くなります。解像度が高めな写真などを選びましょう。もっとデザインで迷うのは、手書きや自分でデザインしたイラスト等です。それに文字を入れる時は、あまりにも文字の種類の多さに迷う人が多いはずです。文字とイラストのバランスなども悩みの種です。デザインのテンプレートや書体見本などを利用してデザインを決めましょう。

業者のデザイナーの無料作成サービスを利用する

オリジナルTシャツ作成の業者には、デザイナーが在籍している会社があり、自分のデザインで迷っている時には、プロの手を借りましょう。無料でデザイン作成するサービスがある場合が多く、費用面でも予想外の高額となることはありません。デザイナーに作成を依頼すると、画像のデータを基にした修正や、手書きデザインの修正も行なえます。手書きの味を残した場合のデザインや、パソコンでデザインしたようなデザインにも修正できます。かわいいペットの写真をプリントしたいけど、バックに色々な物が映っている時などは、デザイナーに相談してみましょう。見積もりも無料で行っている業者がほとんどです。遠慮せず利用しましょう。きっと納得のいくオリジナルTシャツを作ることができます。Tシャツの色やデザインをプリントする部分により印象が違うので、色選びにも気をつけましょう。

どうしてもデザインで迷うなら2種類作成してみる

デザインを一種類にしぼれないという時には、いっそのこと二種類作ってみてはどうでしょうか。1枚当たりのコストをなるべく下げたいのなら、Tシャツそのものの値段が安い物を選びましょう。そうすることで全体の金額が安くなります。必要な枚数が多ければ多いほど、一枚当たりの単価が下がります。グループの人数が後で増える可能性があるのなら、現在の人数より多めに作って、単価を低くできます。自分のオリジナルTシャツを販売したいと考えている人には、何種類かのデザインで作成してストックしておいて販売したほうが、単価を下げることができます。ただ、在庫を抱えるとどうしても置き場所に困ります。自宅が狭いのなら、サンプルとして数枚作っておいて、注文がまとまった時点で販売するなどの工夫が必要です。