オリジナルTシャツ

皆さんはオリジナルTシャツを作ってみたいと思ったことはありませんか?オリジナルTシャツを作る機会は様々あります。まずは学校での部活動や文化祭や体育祭などといった行事でのクラスの結束を深めるためのお揃いのTシャツとして、学生でなくても趣味の集まりでのイベント参加や好きなアーティストのライブ参加の際にそのアーティストへの愛をアピールするためのひとつとしてといったように幅広い層にオリジナルTシャツを利用する機会はあります。中にはオリジナルTシャツを作ってみたいのはやまやまだけどやり方が分からない、枚数が少ないから頼むほどではないのではないかと思っている人もいるかと思います。オリジナルTシャツは一枚から業者に頼めますし、自分で作ることもできます。今回はその方法を紹介します。

オリジナルTシャツを作ってくれる業者の探し方

それでは、オリジナルTシャツを業者に頼む方法を紹介します。インターネットで「オリジナルTシャツ」と検索しただけで数多くの業者がヒットします。すべての業者が同じではなく、取り扱っているTシャツの種類、色、できる印刷の種類、お値段、受注できる枚数などに様々違いがあります。まず自分が求めているTシャツがどのようなものかしっかりと明らかにした上でそのニーズにあう業者をピックアップしていくことが大切です。業者が見つかった場合、注文して完成品が届いて終わりではなく、試作品を作って本当にそれでいいか確認してくれるところがほとんどですので本当に納得いくものが作ることができます。そのため、製作の際にどこまで対応してもらえるのかもしっかりと確認することが大切です。修正を経てオリジナルTシャツが完成します。

自分でオリジナルTシャツを作る方法

先ほど、業者に頼むオリジナルTシャツの作り方を紹介しましたが、作成枚数が少ないと自分で作ったほうがお値段も安くすむし楽なのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。オリジナルTシャツは少数の受注でも対応してくれる業者も存在しますが、もちろん、自分で作成することもできます。それは自作のアイロンプリントシートを作製し、Tシャツに転写して製作することです。オリジナルの刺繍をしたり、布に描けるマーカーで好きなものを描いたりするのもいいでしょう。アイロンプリントシートを作製すること自体はとても簡単ですが、転写には少しコツがいるのでいきなりやると失敗の可能性もあります。練習してから転写することをおすすめします。この方法だと一から自分でデザインできますが失敗が続くとむしろコストが多くかかる可能性があります。自分にあうオリジナルTシャツの作り方を探し出してくださいね。