短期集中でtoeicの点数を上げる解決方法

短期集中でtoeicの点数を上げるには、英語脳を作り出す必要があります。日本人は英語を理解する時に、日本語に訳してから意味を取ろうとします。このプロセスは時間がかかるので、多くの問題を短い間に解答することはできません。英語を英語のままで、理解できるように訓練しておく必要があります。短期集中で勉強すれば、英語脳を作り出すことはできます。時間よりも、気持ちを集中させることが大切なのです。時間が十分にあったら余裕はありますが、短期集中のような密度の濃い勉強はできません。気がゆるんで成果の上がらない勉強になってしまうことがあります。英語脳を作り出すには1ヶ月程度の期間があれば十分です。toeicの1ヶ月前から一生懸命に勉強して、本番で良い結果を出しましょう。

毎日いろいろな英語を聞くようにする

toeicのリスニングのパートでは、100問の問題が出題されます。同じ人が問題を読むのではなく、いろいろな人が問題文を読んでいきます。聞きなれないと文の意味を取るのは大変ですが、英文に慣れていると聞き取りやすくなります。toeicの問題集を買って、リスニングのパートを繰り返し聞きましょう。繰り返し聞くことが大切です。それによって英語脳を作り出すことができます。余裕があったら、問題集以外の英語も聞きましょう。インターネットを使えば、イギリスやアメリカのニュースを聞くことができます。ネーティブ向けのニュースは非常に速いスピードで読まれるので、最初は聞き取ることはできないかもしれません。それでもあきらめないで、聞き続けることが大切です。何度も聞くことで、英語を英語のままで理解できるようになります。

toeicの前日まで音読を続ける

英語の音読は短期集中の勉強に適しています。一つの英文のテキストを最初から最後まで音読します。音読用の教材が発売されているので、その中で自分に合ったものを一つ選んで使うようにしましょう。声に出して英語を唱えることで、英語脳を作り出すことができます。また、自分発声した文を自分の耳で聞くので、リスニングの対策にもなります。音読は文法や単語を覚えられるメリットもあります。音読することで、文章が頭の中に入るので、単語や表現、文法の知識を自分の物にできるのです。音読の回数は多ければ多いほど効果的です。短期集中の勉強だったら、最低でも一つの文章を5回は読むようにします。実際にやってみると分かりますが、音読は疲れます。しかし、その疲れは脳を使っていることから来るもので、英語脳の形成に大きく役立っています。