簡単にできるtoeicの短期集中得点アップの方法

toeicで短期に集中して得点をアップさせるには、文法のパートに力を入れるのが良い方法です。リーディングのパートには文法の問題が多く出題されます。その問題で正解して点数を稼ぐことができたら、スコアはアップします。文法は暗記によって覚えることができます。短期集中で暗記して、試験に臨めば、覚えたことを忘れることもありません。toeicで出される問題には、似た傾向があり、その傾向を自分の頭の中に入れておけば、テストを受ける時に役立ちます。もし、文法の基本的なことがあやふやだったら、高校生レベルの参考書を購入して復習しましょう。難しい参考書は出なくて、基本的なことが書いてある分かりやすい参考書で構いません。それを2、3回読んで文法の基本をしっかり身に付けます。

短期集中では文法の暗記が欠かせない

toeicの短期集中では、暗記の勉強を怠ってはいけません。英語の文法はややこしいですが、仕組みを理解できたら頭の中に入りやすくなります。その上で文法事項が含まれた例文をきちんと覚えるようにします。この暗記が一番大切です。何度も口で唱えたり、紙に書いたりして覚えましょう。それをすることで、toeicの試験を受ける基礎の力を養成することができます。英文を一度にたくさん覚えるのは簡単ではありません。細切れの時間を使うのが良い方法です。通勤の時間は英語の勉強の最適です。会社の行帰りに少しでも、英文を暗記するようにしてください。短期集中で英文を覚えれば、覚えるほど点数は上がります。この暗記はリスニングの点数のアップにもつながります。頭の中に英文がたくさん蓄えられていたら、実際の英文も聞き取りやすくなります。

覚えたことを生かして過去問に取り組む

基本的な文法事項を覚えたら、今度は過去問を解いていきます。このテストの問題は多いので、時間的な余裕がなかったら、リーディングのパートの過去問のみで構いません。正解の数を気にしてはいけません。それよりも、できるだけ多くの問題を解くことが大切になります。このテストの過去問を多く解けば、問題に慣れることができるので、本番の時に有利になります。最初は時間を気にしないでじっくり解きましょう。toeicの試験2週間前になったら、時間を意識するにします。この試験は問題が各々のパートで100問あるので、できるだけ早く解いていかなければなりません。直前になったら、じっくり考えるのはやめて、スピードを出すようにします。分からない問題は後回しにして、分かる問題から解く癖をつけておきましょう。