toeicの点数を短期集中で得点をアップする方法を解説

toeicを短期集中でアップさせるには、まず自分の実力を知る必要があります。自分の英語の実力をして、それに合った短期集中の勉強法を導入します。toeicの過去問をやってみましょう。600点以上取れたら、toeicの過去問中心の勉強をします。それ以下だったら、英語の基礎を固める勉強を短期集中で行います。どちらの勉強法でも大切なことは、わずかな空き時間を無題にしないことです。例えば、通勤の時に電車を待つ時間が10分あったら、その時間を活用して英語の勉強をしましょう。どんな勉強でも良いのですが、短い時間だったら単語の暗記に適しています。2つしか覚えられなくても、それを1日に5回繰り返せば、10個の単語を覚えられます。1ヶ月間続ければ300個覚えられて、実際の試験を受ける時に大きなプラスになります。

過去問で600点以上取れた人の勉強法

toeicの過去問で600点以上取れた方は、英語の基礎力はお持ちです。後はその能力を試験に向けて少しでも伸ばすようにしましょう。毎日わずかな量で良いので、英文を読むようにします。新聞でも雑誌でも本でも構いません。読んだ後は、その文の意味を調べて、その後に音読をします。音読をするときは、自分が知らなかった単語や表現をできるだけ覚えるようにします。この勉強と同時にこの試験の過去問を解答していきます。この時に大切なことは、時間内に解答できるように訓練することです。最初は時間が足りないかもしれません。しかし、何度も練習しておけば、時間内に解けるようになります。toeicは問題の数が多いので、スピードが大切です。素早く解けるようにするには、反復の練習が一番有効です。

過去問で600点取れなかった人の勉強法

過去問で600点取れなかった人は、音読を中心にした勉強をしましょう。音読は短期集中で英語の力を伸ばせる一番有効な方法です。音読用の教材が発売されているので、それを購入します。難しい単語が使われている教材ではなく、分かりやすい単語が使われている教材を選びましょう。音読をするときは、付属のCDのネーティブの発音を聞きながらしましょう。音読をすれば、語彙力、文法力、読解力、リスニング力の4つを身に付けられるようになります。黙読では効果はありません。必ず音読をしましょう。余裕があったら、toeicの過去問をしましょう。その時に大切なことは、分からない問題を考え過ぎないことです。分からない問題があったら、解答をすぐに見て下さい。その後にその問題文を丸ごと暗記します。これが短期集中には効果的な方法です。